arXiv reaDer
未知のアイデンティティ拒否損失:顔認識のためのラベルなしデータの利用
Unknown Identity Rejection Loss: Utilizing Unlabeled Data for Face Recognition
  大規模なラベル付きデータセットが利用できるようになったため、顔認識はかなり進歩しました。ただし、簡単にアクセスできるラベルなしのデータセットを使用してパフォーマンスをさらに改善する方法は依然として課題です。この論文では、ラベルのないデータを利用するために、新しい未知のアイデンティティ拒否(UIR)損失を提案します。制約のない環境のアイデンティティを既知のセットと未知のセットに分類します。前者はラベル付きトレーニングデータセットに表示されるIDに対応し、後者はその補完セットです。既知のIDを正確に分類するようにモデルをトレーニングすることに加えて、提案されたUIR損失を介して、ラベルのないデータセットによって提供される未知のIDをモデルに拒否させます。未知のアイデンティティの顔を「拒否」するために、既知のアイデンティティの中心は、サンプルの特徴によって近似されると想定される未知のアイデンティティの中心から十分なマージンを保つように強制されます。これにより、顔の表現の識別性を高めることができます。実験結果は、ラベル付けされていないデータを利用することで、アプローチが明らかなパフォーマンスの改善を提供できることを示しています。
Face recognition has advanced considerably with the availability of large-scale labeled datasets. However, how to further improve the performance with the easily accessible unlabeled dataset remains a challenge. In this paper, we propose the novel Unknown Identity Rejection (UIR) loss to utilize the unlabeled data. We categorize identities in unconstrained environment into the known set and the unknown set. The former corresponds to the identities that appear in the labeled training dataset while the latter is its complementary set. Besides training the model to accurately classify the known identities, we also force the model to reject unknown identities provided by the unlabeled dataset via our proposed UIR loss. In order to 'reject' faces of unknown identities, centers of the known identities are forced to keep enough margin from centers of unknown identities which are assumed to be approximated by the features of their samples. By this means, the discriminativeness of the face representations can be enhanced. Experimental results demonstrate that our approach can provide obvious performance improvement by utilizing the unlabeled data.
updated: Thu Oct 24 2019 03:18:14 GMT+0000 (UTC)
published: Thu Oct 24 2019 03:18:14 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト