arXiv reaDer
改善されたグラフ畳み込みネットワークに基づく顔の表情の修復
Facial Expression Restoration Based on Improved Graph Convolutional Networks
  野生の顔の表情分析は、顔の画像が低解像度または部分的なオクルージョンの場合に困難です。異なる表情の下での異なる顔の局所領域間の相関を考慮して、本論文は、改善されたグラフ畳み込みネットワーク(IGCN)と領域関係モデリングブロック(RRMB)を統合することによる生成的敵対ネットワークに基づく新しい表情回復方法を提案した。入力特徴としてベクトルを使用する従来のグラフ畳み込みネットワークとは異なり、IGCNは入力としてフェイスパッチのテンソルを使用できます。顔のパッチの構造情報を保持することをお勧めします。提案されたRRMBは、インペインティングや顔アクションユニット検出による超解像を含む顔生成タスクに対処するように設計されており、これは、表情を真実として復元することを目的としています。 BP4DおよびDISFAベンチマークで行われた広範な実験は、定量的および定性的評価を通じて提案された方法の有効性を示しています。
Facial expression analysis in the wild is challenging when the facial image is with low resolution or partial occlusion. Considering the correlations among different facial local regions under different facial expressions, this paper proposes a novel facial expression restoration method based on generative adversarial network by integrating an improved graph convolutional network (IGCN) and region relation modeling block (RRMB). Unlike conventional graph convolutional networks taking vectors as input features, IGCN can use tensors of face patches as inputs. It is better to retain the structure information of face patches. The proposed RRMB is designed to address facial generative tasks including inpainting and super-resolution with facial action units detection, which aims to restore facial expression as the ground-truth. Extensive experiments conducted on BP4D and DISFA benchmarks demonstrate the effectiveness of our proposed method through quantitative and qualitative evaluations.
updated: Wed Oct 23 2019 04:27:40 GMT+0000 (UTC)
published: Wed Oct 23 2019 04:27:40 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト