arXiv reaDer
高品質のセグメンテーションのための再構築中の心臓のMRモーションアーティファクトのディープラーニングベースの検出と修正
Deep Learning Based Detection and Correction of Cardiac MR Motion Artefacts During Reconstruction for High-Quality Segmentation
医用画像の解剖学的構造のセグメント化は、さまざまなアプリケーションのディープラーニング手法でうまく対処されています。ただし、この成功は、セグメント化される画像の品質に大きく依存します。医療画像分析コミュニティで一般的に無視されている点は、臓器の動き、患者の動き、および/または画像取得に関連する問題が原因で、深刻な画像アーチファクトを持つ膨大な量の臨床画像です。このペーパーでは、心臓のMRセグメンテーションに対する画像モーションアーティファクトの影響について説明し、アーティファクトを共同で修正して心腔をセグメント化するためのさまざまなアプローチを比較します。この方法は、最近開発された共同アーチファクト検出および再構成方法に基づいています。これは、共同損失関数を使用してk空間から高品質のMR画像を再構成し、データ整合性を適用することにより、アーチファクト補正タスクをアンダーサンプリングされた画像再構成タスクに変換します。期間。このホワイトペーパーでは、これと組み合わせたセグメンテーションネットワークをエンドツーエンドのフレームワークで使用することを提案します。私たちのトレーニングは、1)画像アーチファクト検出、2)アーチファクト補正、3)画像セグメンテーションの3つの異なるタスクを最適化します。合成的に破損した心臓のMR k空間データと未補正の再構成画像を使用して、運動関連のアーティファクトを自動的に補正するように再構成ネットワークをトレーニングします。英国のバイオバンクデータセットからの500 2D + timeシネMR収集のテストセットを使用して、合成モーションアーティファクトの存在下で、明らかに優れた画質と高いセグメンテーション精度を実現します。さまざまな画像補正アーキテクチャと比較して、優れたパフォーマンスを発揮します。
Segmenting anatomical structures in medical images has been successfully addressed with deep learning methods for a range of applications. However, this success is heavily dependent on the quality of the image that is being segmented. A commonly neglected point in the medical image analysis community is the vast amount of clinical images that have severe image artefacts due to organ motion, movement of the patient and/or image acquisition related issues. In this paper, we discuss the implications of image motion artefacts on cardiac MR segmentation and compare a variety of approaches for jointly correcting for artefacts and segmenting the cardiac cavity. The method is based on our recently developed joint artefact detection and reconstruction method, which reconstructs high quality MR images from k-space using a joint loss function and essentially converts the artefact correction task to an under-sampled image reconstruction task by enforcing a data consistency term. In this paper, we propose to use a segmentation network coupled with this in an end-to-end framework. Our training optimises three different tasks: 1) image artefact detection, 2) artefact correction and 3) image segmentation. We train the reconstruction network to automatically correct for motion-related artefacts using synthetically corrupted cardiac MR k-space data and uncorrected reconstructed images. Using a test set of 500 2D+time cine MR acquisitions from the UK Biobank data set, we achieve demonstrably good image quality and high segmentation accuracy in the presence of synthetic motion artefacts. We showcase better performance compared to various image correction architectures.
updated: Fri Jul 03 2020 13:59:14 GMT+0000 (UTC)
published: Fri Oct 11 2019 18:36:17 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト