arXiv reaDer
デュアルファーストパーソンビジョンにおけるオブジェクトアフォーダンスと手の動きを使用した遠隔操作のユーザーの意図の早期推定
Early Estimation of User's Intention of Tele-Operation Using Object Affordance and Hand Motion in a Dual First-Person Vision
  本論文では、ロボットの遠隔操作シナリオにおけるユーザーの動きの意図を推定する方法について説明します。遠隔操作の問題の1つは遅延です。これは、ロボットの動きが遅い、通信チャネルが狭いなど、さまざまな理由で発生します。待ち時間を短縮する効果的な方法は、人間の動きの意図を推定し、ロボットを積極的に動かすことです。信頼性の高い早期意思推定を可能にするために、HMDを備えたデュアルファーストパーソンビジョン(ロボットとユーザー)で手の動きと物体のアフォーダンスの両方を使用します。オブジェクトピックアップシナリオの実験結果は、この方法の有効性を示しています。
This paper describes a method of estimating the intention of a user's motion in a robot tele-operation scenario. One of the issues in tele-operation is latency, which occurs due to various reasons such as a slow robot motion and a narrow communication channel. An effective way of reducing the latency is to estimate the human intention of motions and to move the robot proactively. To enable a reliable early intention estimation, we use both hand motion and object affordances in a dual first-person vision (robot and user) with an HMD. Experimental results in an object pickup scenario show the effectiveness of the method.
updated: Sat Oct 05 2019 03:21:54 GMT+0000 (UTC)
published: Sat Oct 05 2019 03:21:54 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト