arXiv reaDer
縦断的健康モニタリングのためのシルエットを使用した野生での立位解析
Sit-to-Stand Analysis in the Wild using Silhouettes for Longitudinal Health Monitoring
  ビデオシルエットを使用して自由生活環境で患者を長期的に監視するための、最初の完全に自動化された立位または立位(StS)分析フレームワークを紹介します。私たちの方法は、粗いものから細かいものへの時間ローカリゼーションアプローチを採用しています。このアプローチでは、ディープラーニング分類器がシルエットから可能なStSシーケンスを識別し、スマートピーク検出ステージが3Dバウンディングボックスに基づいて細かいローカリゼーションを提供します。参加者の実際の家からのデータでメソッドをテストし、人工股関節または膝関節置換術を受けた患者をモニターしました。私たちの結果は、粗い局在化で94.4%の全体的な精度と上昇測定速度の0.026 m / sの誤差を示し、手術を受けた患者の回復の重要な傾向を強調しています。
We present the first fully automated Sit-to-Stand or Stand-to-Sit (StS) analysis framework for long-term monitoring of patients in free-living environments using video silhouettes. Our method adopts a coarse-to-fine time localisation approach, where a deep learning classifier identifies possible StS sequences from silhouettes, and a smart peak detection stage provides fine localisation based on 3D bounding boxes. We tested our method on data from real homes of participants and monitored patients undergoing total hip or knee replacement. Our results show 94.4% overall accuracy in the coarse localisation and an error of 0.026 m/s in the speed of ascent measurement, highlighting important trends in the recuperation of patients who underwent surgery.
updated: Thu Oct 03 2019 09:19:12 GMT+0000 (UTC)
published: Thu Oct 03 2019 09:19:12 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト