arXiv reaDer
少ないラベルでの時間的アクション提案の学習
Learning Temporal Action Proposals With Fewer Labels
  時間的アクション提案は、今日のアクション検出パイプラインの一般的なモジュールです。アクション提案モジュールをトレーニングする現在のほとんどの方法は、長いビデオシーケンスで大量の注釈付きの時間的アクション間隔を必要とする完全に監督されたアプローチに依存しています。これに伴うアノテーションの大きなコストと労力は、より少ない監督でトレーニング提案モジュールの問題を研究する動機付けとなります。この作業では、特に時間的行動提案ネットワークのトレーニング用に設計された半教師あり学習アルゴリズムを提案します。使用できるラベルの数が少ない場合、半教師あり方法は、完全に監督された対応物および他の強力な半教師付きベースラインよりも大幅に優れた提案を生成します。 ActivityNet v1.3とTHUMOS14の2つの挑戦的なアクション検出ビデオデータセットでメソッドを検証します。半教師ありアプローチは、完全に教師あり最先端のアプローチと一貫して一致または性能が優れていることを示しています。
Temporal action proposals are a common module in action detection pipelines today. Most current methods for training action proposal modules rely on fully supervised approaches that require large amounts of annotated temporal action intervals in long video sequences. The large cost and effort in annotation that this entails motivate us to study the problem of training proposal modules with less supervision. In this work, we propose a semi-supervised learning algorithm specifically designed for training temporal action proposal networks. When only a small number of labels are available, our semi-supervised method generates significantly better proposals than the fully-supervised counterpart and other strong semi-supervised baselines. We validate our method on two challenging action detection video datasets, ActivityNet v1.3 and THUMOS14. We show that our semi-supervised approach consistently matches or outperforms the fully supervised state-of-the-art approaches.
updated: Thu Oct 03 2019 02:54:04 GMT+0000 (UTC)
published: Thu Oct 03 2019 02:54:04 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト