arXiv reaDer
可変射影と簡易最適化によるIVIMの近似
Fitting IVIM with Variable Projection and Simplicial Optimization
 多重指数モデルを拡散MRI(dMRI)データに適合させることは、さまざまな複雑さのために常に困難でした。この作業では、標準的な2コンパートメントIVIM微細構造モデルの新規で堅牢なフィッティングフレームワークを紹介します。このフレームワークは、既存のメソッドを大幅に改善し、IVIMの関連する拡散および灌流パラメーターを自動的に推定するのに役立ちます。この作業の一環として、単純ホモロジー(SH)と微分進化(DE)などのより高度なグローバル最適化手法を切り替える機能を提供します。私たちの実験は、この同時フィッティング手順から得られた結果が、縮小された部分空間のモデルパラメーターを解くことを示しています。提案されたフレームワークは、MIXフレームワークに由来する独創的な作業を拡張し、マルチステージフィッティングの手順を改善します。このフレームワークは、オープンソースのPython実装として利用可能になり、DIPYプロジェクトを通じてコミュニティに広まりました。
Fitting multi-exponential models to Diffusion MRI (dMRI) data has always been challenging due to various underlying complexities. In this work, we introduce a novel and robust fitting framework for the standard two-compartment IVIM microstructural model. This framework provides a significant improvement over the existing methods and helps estimate the associated diffusion and perfusion parameters of IVIM in an automatic manner. As a part of this work we provide capabilities to switch between more advanced global optimization methods such as simplicial homology (SH) and differential evolution (DE). Our experiments show that the results obtained from this simultaneous fitting procedure disentangle the model parameters in a reduced subspace. The proposed framework extends the seminal work originated in the MIX framework, with improved procedures for multi-stage fitting. This framework has been made available as an open-source Python implementation and disseminated to the community through the DIPY project.
updated: Sat Feb 15 2020 19:49:11 GMT+0000 (UTC)
published: Fri Sep 27 2019 07:40:16 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト