arXiv reaDer
mustGAN:MR画像合成のためのマルチストリーム生成的敵対ネットワーク
mustGAN: Multi-Stream Generative Adversarial Networks for MR Image Synthesis
  マルチコントラストMRIプロトコルにより、診断に利用できる形態学的情報のレベルが向上します。ただし、実際には、スキャン時間や患者の動きなどのさまざまな要因によって、コントラストの数と質が制限されます。コントラストの欠落または破損の統合により、この制限が緩和され、臨床的有用性が向上します。マルチコントラストMRIの一般的なアプローチには、1対1および多対1の合成方法が含まれます。 1対1の方法は、入力として単一のソースコントラストを使用し、ソースの固有の特徴に敏感な潜在表現を学習します。一方、多対1のメソッドは複数の個別のソースを受け取り、ソース間の共通の機能により敏感な共有潜在表現を学習します。ここでは、強化された画像合成のために、複数の1対1ストリームとジョイント多対1ストリームの混合を介して、複数のソースイメージ全体の情報を集約するマルチストリームアプローチを提案します。多対1ストリームで生成された共有機能マップと、1対1ストリームで生成された補完機能マップは、融合ブロックと結合されます。融合ブロックの位置は、タスク固有のパフォーマンスを最大化するために適応的に変更されます。 T1-、T2-、PD-weighted、およびFLAIR画像の定性的および定量的評価は、以前の最先端の1対1および多対1の方法と比較して、提案された方法の優れた性能を明確に示しています。
Multi-contrast MRI protocols increase the level of morphological information available for diagnosis. Yet, the number and quality of contrasts is limited in practice by various factors including scan time and patient motion. Synthesis of missing or corrupted contrasts can alleviate this limitation to improve clinical utility. Common approaches for multi-contrast MRI involve either one-to-one and many-to-one synthesis methods. One-to-one methods take as input a single source contrast, and they learn a latent representation sensitive to unique features of the source. Meanwhile, many-to-one methods receive multiple distinct sources, and they learn a shared latent representation more sensitive to common features across sources. For enhanced image synthesis, here we propose a multi-stream approach that aggregates information across multiple source images via a mixture of multiple one-to-one streams and a joint many-to-one stream. The shared feature maps generated in the many-to-one stream and the complementary feature maps generated in the one-to-one streams are combined with a fusion block. The location of the fusion block is adaptively modified to maximize task-specific performance. Qualitative and quantitative assessments on T1-, T2-, PD-weighted and FLAIR images clearly demonstrate the superior performance of the proposed method compared to previous state-of-the-art one-to-one and many-to-one methods.
updated: Wed Sep 25 2019 14:11:06 GMT+0000 (UTC)
published: Wed Sep 25 2019 14:11:06 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト