arXiv reaDer
深い特徴摂動による多様化された任意のスタイルの転送
Diversified Arbitrary Style Transfer via Deep Feature Perturbation
 画像スタイルの転送は未決定の問題であり、多数のソリューションが同じ制約(コンテンツとスタイル)を満たすことができます。代替ダイバーシティ損失を導入することにより、スタイル転送のダイバーシティを改善するためのいくつかの努力がありましたが、それらは一般化、制限されたダイバーシティ、および不十分なスケーラビリティを制限しました。この論文では、これらの制限に取り組み、多様な任意スタイルの転送のためのシンプルでありながら効果的な方法を提案します。この方法の重要な考え方は、ディープフィーチャ摂動(DFP)と呼ばれる操作です。これは、直交ランダムノイズマトリックスを使用して、元のスタイル情報を変更せずにディープイメージフィーチャーマップを摂動します。 DFPの操作は、既存の多くのWCT(ホワイトニングおよびカラー変換)ベースのメソッドに簡単に統合でき、任意のスタイルに対して多様な結果を生成できるようにします。実験結果は、この学習不要で普遍的な方法により、様式化の質を維持しながら多様性を大幅に向上できることを示しています。
Image style transfer is an underdetermined problem, where a large number of solutions can satisfy the same constraint (the content and style). Although there have been some efforts to improve the diversity of style transfer by introducing an alternative diversity loss, they have restricted generalization, limited diversity and poor scalability. In this paper, we tackle these limitations and propose a simple yet effective method for diversified arbitrary style transfer. The key idea of our method is an operation called deep feature perturbation (DFP), which uses an orthogonal random noise matrix to perturb the deep image feature maps while keeping the original style information unchanged. Our DFP operation can be easily integrated into many existing WCT (whitening and coloring transform)-based methods, and empower them to generate diverse results for arbitrary styles. Experimental results demonstrate that this learning-free and universal method can greatly increase the diversity while maintaining the quality of stylization.
updated: Fri Mar 20 2020 10:21:57 GMT+0000 (UTC)
published: Wed Sep 18 2019 06:24:42 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト