arXiv reaDer
自然画像のCSCモデルの再考
Rethinking the CSC Model for Natural Images
  信号および画像処理の逆問題を正則化するときに、過剰な辞書に関するスパース表現がよく使用されます。近年、辞書がシフト不変フィルターで構成される畳み込みスパースコーディング(CSC)モデルが新たな関心を集めています。このモデルはいくつかの画像処理の問題でうまく使用されていますが、ノイズ除去などの単純なタスクでは、従来のパッチベースの方法に遅れをとっています。この作業では、CSCモデルとその自然画像を表現する機能に関する新しい洞察を提供し、このモデルとそのパッチベースの祖先の間のベイジアン接続を提案します。これらの観察結果を活用して、ストライドコンボリューションを使用して、CSCモデルへのMMSE近似プロセスに従う新しいフィードフォワードネットワークを提案します。この監視されたアーキテクチャのパフォーマンスは、はるかに少ないパラメーターを使用しながら、最先端の方法と同等であることが示されています。
Sparse representation with respect to an overcomplete dictionary is often used when regularizing inverse problems in signal and image processing. In recent years, the Convolutional Sparse Coding (CSC) model, in which the dictionary consists of shift-invariant filters, has gained renewed interest. While this model has been successfully used in some image processing problems, it still falls behind traditional patch-based methods on simple tasks such as denoising. In this work we provide new insights regarding the CSC model and its capability to represent natural images, and suggest a Bayesian connection between this model and its patch-based ancestor. Armed with these observations, we suggest a novel feed-forward network that follows an MMSE approximation process to the CSC model, using strided convolutions. The performance of this supervised architecture is shown to be on par with state of the art methods while using much fewer parameters.
updated: Thu Sep 12 2019 15:10:21 GMT+0000 (UTC)
published: Thu Sep 12 2019 15:10:21 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト