arXiv reaDer
パーキンソン病のDaTscan SPECT画像分類
DaTscan SPECT Image Classification for Parkinson's Disease
  パーキンソン病(PD)は、現在治療法がない神経変性疾患です。疾病管理を促進し、症状の進行速度を低下させるためには、早期診断が不可欠です。現在の臨床的、診断的アプローチは、放射線科医に脳の黒質領域のドーパミン作動性ニューロンの変性の人間の視覚分析を実行させることです。臨床的には、ドーパミン輸送体(DaT)の活動を観察することにより、ドーパミンレベルが監視されます。 DaT活性分析の1つの方法は、ヨウ素123フルオロプロピル(123I-FP-CIT)トレーサーと単一光子放射型コンピューター断層撮影(SPECT)イメージングを組み合わせた注入で実行されます。トレーサーは、結果のDaTscan SPECT画像の関心領域を示しています。人間の視覚分析は遅く、放射線科医間の主観に対して脆弱です。そのため、目標は、DaTscan SPECT画像をパーキンソン病または正常として客観的かつ正確に分類できる、深い畳み込みニューラルネットワークの導入実装を開発することでした。この研究は、深い畳み込みニューラルネットワークを使用するアプローチを示し、DaTscan SPECT画像分類でのパフォーマンスを評価します。この研究で使用されるデータは、パーキンソンのプログレッションマーカーイニシアチブ(PPMI)によって提供されるデータベースを通じて取得されました。この調査のディープニューラルネットワークは、2015年のImageNet大規模視覚認識コンペティション(ILSVRC)の第1位であるInceptionV3アーキテクチャをベースモデルとして利用します。このベースの上に、カスタムのバイナリ分類ブロックが追加されました。小さいデータセットサイズを説明するために、モデルのパフォーマンスを評価するために10倍のクロス検証が実装されました。
Parkinson's Disease (PD) is a neurodegenerative disease that currently does not have a cure. In order to facilitate disease management and reduce the speed of symptom progression, early diagnosis is essential. The current clinical, diagnostic approach is to have radiologists perform human visual analysis of the degeneration of dopaminergic neurons in the substantia nigra region of the brain. Clinically, dopamine levels are monitored through observing dopamine transporter (DaT) activity. One method of DaT activity analysis is performed with the injection of an Iodine-123 fluoropropyl (123I-FP-CIT) tracer combined with single photon emission computerized tomography (SPECT) imaging. The tracer illustrates the region of interest in the resulting DaTscan SPECT images. Human visual analysis is slow and vulnerable to subjectivity between radiologists, so the goal was to develop an introductory implementation of a deep convolutional neural network that can objectively and accurately classify DaTscan SPECT images as Parkinson's Disease or normal. This study illustrates the approach of using a deep convolutional neural network and evaluates its performance on DaTscan SPECT image classification. The data used in this study was obtained through a database provided by the Parkinson's Progression Markers Initiative (PPMI). The deep neural network in this study utilizes the InceptionV3 architecture, 1st runner up in the 2015 ImageNet Large Scale Visual Recognition Competition (ILSVRC), as a base model. A custom, binary classifier block was added on top of this base. In order to account for the small dataset size, a ten fold cross validation was implemented to evaluate the model's performance.
updated: Mon Sep 09 2019 20:35:23 GMT+0000 (UTC)
published: Mon Sep 09 2019 20:35:23 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト