arXiv reaDer
空間時間的注意移動による極端な低解像度アクティビティ認識
Extreme Low Resolution Activity Recognition with Spatial-Temporal Attention Transfer
 極端な低解像度のビデオ、たとえば12 * 6ピクセルの解像度でのアクティビティ認識は、遠景監視とプライバシーを保護するマルチメディア分析で重要な役割を果たします。低解像度ビデオには限られた情報しか含まれていません。 1つの同じアクティビティが高解像度(HR)と低解像度(LR)の両方のビデオで表される可能性があるという事実を考えると、LRアクティビティ認識を改善するために関連するHRデータを利用することを研究する価値があります。この作業では、LR活動認識のための新しい空間時間的注意転送(STAT)を提案します。 STATは、転移学習戦略で注意の相違を減らすことで、HRデータから情報を取得できます。 2つのよく知られたデータセット、つまりUCF101とHMDB51の実験結果は、提案された方法がLRアクティビティ認識の精度を効果的に改善し、HMDB51の12 * 16ビデオで58.12%の精度を達成できることを示しています。 -最先端のパフォーマンス。
Activity recognition on extreme low-resolution videos, e.g., a resolution of 12 * 6 pixels, plays a vital role in far-view surveillance and privacy-preserving multimedia analysis. Low-resolution videos only contain limited information. Given the fact that one same activity may be represented by videos in both high resolution(HR) and low resolution (LR), it is worth studying to utilize the relevant HR data to improve the LR activity recognition. In this work, we propose a novel Spatial-Temporal Attention Transfer (STAT) for LR activity recognition. STAT can acquire information from HR data by reducing the attention differences with a transfer-learning strategy. Experimental results on two well-known datasets, i.e., UCF101 and HMDB51, demonstrate that, the proposed method can effectively improve the accuracy of LR activity recognition, and achieves an accuracy of 58.12% on 12 * 16 videos in HMDB51, a state-of-the-art performance.
updated: Thu Nov 21 2019 15:31:44 GMT+0000 (UTC)
published: Mon Sep 09 2019 01:02:11 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト