arXiv reaDer
DeepInSAR:SAR干渉位相復元とコヒーレンス推定のためのディープラーニングフレームワーク
DeepInSAR: A Deep Learning Framework for SAR Interferometric Phase Restoration and Coherence Estimation
 過去10年間で、干渉合成開口レーダー(InSAR)は、リモートセンシング技術として成功しています。ただし、取得ステップ中、衛星で受信されたマイクロ波反射は通常、強いノイズによって乱され、ノイズの多いシングルルックコンプレックス(SLC)SAR画像が生成されます。それらの干渉位相の品質はさらに悪い。 InSARの位相フィルタリングは不適切な問題であり、後続の処理で重要な役割を果たします。ただし、既存のメソッドのほとんどは、通常、専門家の監督または重いランタイムが必要であり、広域監視や予測などの実用的な使用のユーザビリティとスケーラビリティが制限されます。この作業では、位相フィルタリングとコヒーレンス推定の両方の問題をインテリジェントに解決するためのディープたたみ込みニューラルネットワーク(CNN)ベースのモデルDeepInSARを提案します。シミュレーションデータと実際のデータの両方を使用して、DeepInSARのデモを行います。教師と生徒のフレームワークは、現実のInSARデータのグラウンドトゥルースサンプルがないという問題に対処するために提案されています。量的および質的比較により、DeepInSARは新しいテストデータセットでスタックベースの教師メソッドよりも同等またはさらに優れた結果を達成しますが、必要なSLCのペアは少なく、実行時間も少なく、人間の監督もない3つの他の確立された非スタックベースのメソッドよりも優れています。
Over the past decade, Interferometric Synthetic Aperture Radar (InSAR) has become a successful remote sensing technique. However, during the acquisition step, microwave reflections received at satellite are usually disturbed by strong noise, leading to a noisy single-look complex (SLC) SAR image. The quality of their interferometric phase is even worse. InSAR phase filtering is an ill-posed problem and plays a key role in subsequent processing. However, most of existing methods usually require expert supervision or heavy runtime, which limits the usability and scalability for practical usages such as wide-area monitoring and forecasting. In this work, we propose a deep convolutional neural network (CNN) based model DeepInSAR to intelligently solve both the phase filtering and coherence estimation problems. We demonstrate our DeepInSAR using both simulated and real data. A teacher-student framework is proposed to deal with the issue that there is no ground truth sample for real-world InSAR data. Quantitative and qualitative comparisons show that DeepInSAR achieves comparable or even better results than its stacked-based teacher method on new test datasets but requiring fewer pairs of SLCs as well as outperforms three other established non-stack based methods with less running time and no human supervision.
updated: Wed May 27 2020 05:18:43 GMT+0000 (UTC)
published: Fri Sep 06 2019 20:38:04 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト