arXiv reaDer
InSAR時系列の低速で持続的な変形を検出するための畳み込みニューラルネットワークのアプリケーション
The application of Convolutional Neural Networks to Detect Slow, Sustained Deformation in InSAR Timeseries
  衛星InSAR画像の変形を検出する自動システムを使用して、火山および都市環境のグローバルモニタリングシステムを開発できます。ここでは、ラップされたインターフェログラムの低速で持続的な変形を検出するためのCNNの限界を探ります。合成データを使用して、変形信号のみに対して3.9cm、大気アーチファクトを考慮した場合に6.3cmの検出しきい値を推定します。オーバーラッピングにより、SNRを変更せずにより多くのフリンジが生成されるため、これはそれぞれ1.8cmと5.0cmに減少します。 Campi FlegreiとDallolの累積変形の時系列でアプローチをテストします。オーバーラップすると、クラシエーションのパフォーマンスが最大15%向上します。異なるラップパラメーターの結果を組み合わせて変形をフラグする平均フィルタリング方法を提案します。 Campi Flegreiでは、60日後に8.5cm / yrの変形が検出され、Dallolでは、310日後に3.5cm / yrの変形が検出されました。これは、合成データに基づく推定値と一致する3 cmおよび4 cmの累積変位に対応します。
Automated systems for detecting deformation in satellite InSAR imagery could be used to develop a global monitoring system for volcanic and urban environments. Here we explore the limits of a CNN for detecting slow, sustained deformations in wrapped interferograms. Using synthetic data, we estimate a detection threshold of 3.9cm for deformation signals alone, and 6.3cm when atmospheric artefacts are considered. Over-wrapping reduces this to 1.8cm and 5.0cm respectively as more fringes are generated without altering SNR. We test the approach on timeseries of cumulative deformation from Campi Flegrei and Dallol, where over-wrapping improves classication performance by up to 15%. We propose a mean-filtering method for combining results of different wrap parameters to flag deformation. At Campi Flegrei, deformation of 8.5cm/yr was detected after 60days and at Dallol, deformation of 3.5cm/yr was detected after 310 days. This corresponds to cumulative displacements of 3 cm and 4 cm consistent with estimates based on synthetic data.
updated: Thu Sep 05 2019 11:09:28 GMT+0000 (UTC)
published: Thu Sep 05 2019 11:09:28 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト