arXiv reaDer
腫瘍、リンパ節、およびリスクのある臓器のエンコードされた3D空間コンテキストを使用した深部食道臨床ターゲットボリュームの描写
Deep Esophageal Clinical Target Volume Delineation using Encoded 3D Spatial Context of Tumors, Lymph Nodes, and Organs At Risk
  放射線治療コンピューター断層撮影(RTCT)画像からの臨床標的体積(CTV)描写を使用して、総腫瘍体積(GTV)および/または放射線療法(RT)の無症状の悪性疾患を含む治療領域を定義します。ユーザー内およびユーザー間のばらつきが大きいため、これは食道がんにとって特に困難な作業です。これは自動化されたソリューションの動機となり、これが私たちの仕事の目的です。 CTVの描写はコンテキストに大きく依存するため、GTVと地域のリンパ節(LN)を包含し、リスクのある臓器(OAR)への過度の曝露を回避する必要があるため、エンコードを使用して、コンテキストに基づいた深い外観の問題として定式化しますこれらの解剖学的構造の空間的コンテキスト。これにより、ディープネットワークは、人間の医師によって実行されるマージンおよび外観に基づいた描写からよりよく学習し、エミュレートできます。さらに、システムに堅牢性を注入するために、ドメイン固有のデータ増強を開発します。最後に、異なるレベルのコンテキストで機能を集約しながら、計算量の多いデコードパスを回避する単純な3Dプログレッシブネスト型ネットワーク(PHNN)が、より複雑なネットワークよりも優れていることを示します。食道癌患者135人のデータセットに対する交差検証実験により、コード化された空間コンテキストアプローチにより、具体的なパフォーマンスの改善が得られ、平均ダイススコアが83.9%、平均表面距離が4.2 mmであり、3.8%および2.4mm 、それぞれ、最先端のアプローチで。
Clinical target volume (CTV) delineation from radiotherapy computed tomography (RTCT) images is used to define the treatment areas containing the gross tumor volume (GTV) and/or sub-clinical malignant disease for radiotherapy (RT). High intra- and inter-user variability makes this a particularly difficult task for esophageal cancer. This motivates automated solutions, which is the aim of our work. Because CTV delineation is highly context-dependent--it must encompass the GTV and regional lymph nodes (LNs) while also avoiding excessive exposure to the organs at risk (OARs)--we formulate it as a deep contextual appearance-based problem using encoded spatial contexts of these anatomical structures. This allows the deep network to better learn from and emulate the margin- and appearance-based delineation performed by human physicians. Additionally, we develop domain-specific data augmentation to inject robustness to our system. Finally, we show that a simple 3D progressive holistically nested network (PHNN), which avoids computationally heavy decoding paths while still aggregating features at different levels of context, can outperform more complicated networks. Cross-validated experiments on a dataset of 135 esophageal cancer patients demonstrate that our encoded spatial context approach can produce concrete performance improvements, with an average Dice score of 83.9% and an average surface distance of 4.2 mm, representing improvements of 3.8% and 2.4 mm, respectively, over the state-of-the-art approach.
updated: Fri Sep 06 2019 03:04:02 GMT+0000 (UTC)
published: Wed Sep 04 2019 02:40:12 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト