arXiv reaDer
AttentiveFeature Pyramid Fusionと回帰投票によるセファロメトリックランドマークの検出
Cephalometric Landmark Detection by AttentiveFeature Pyramid Fusion and Regression-Voting
セファロラジオグラフィーで解剖学的ランドマークをマークすることは、セファロ分析の重要な操作です。これらのランドマークを自動的かつ正確に見つけることは、異なるランドマークが異なるレベルの解像度とセマンティクスを必要とするため、挑戦的な問題です。この観察に基づいて、既存の深層学習ベースの方法よりも大幅に高い精度を達成するために、高解像度で意味的に強化された融合機能を明示的に形成する新規の注意深い機能ピラミッド融合モジュール(AFPF)を提案します。また、ヒートマップとオフセットマップを組み合わせて、ピクセル単位の回帰投票を実行し、検出精度を向上させます。 AFPFと回帰投票を組み込むことにより、最先端の方法よりもすべての評価指標の検出精度を7%〜11%向上させるエンドツーエンドの深層学習フレームワークを開発します。アブレーション研究を提示して、メソッドのさまざまなコンポーネントについてより多くの洞察を与え、多様なデバイスからの見えないデータの一般化機能と安定性を示します。
Marking anatomical landmarks in cephalometric radiography is a critical operation in cephalometric analysis. Automatically and accurately locating these landmarks is a challenging issue because different landmarks require different levels of resolution and semantics. Based on this observation, we propose a novel attentive feature pyramid fusion module (AFPF) to explicitly shape high-resolution and semantically enhanced fusion features to achieve significantly higher accuracy than existing deep learning-based methods. We also combine heat maps and offset maps to perform pixel-wise regression-voting to improve detection accuracy. By incorporating the AFPF and regression-voting, we develop an end-to-end deep learning framework that improves detection accuracy by 7%~11% for all the evaluation metrics over the state-of-the-art method. We present ablation studies to give more insights into different components of our method and demonstrate its generalization capability and stability for unseen data from diverse devices.
updated: Fri Aug 23 2019 14:34:44 GMT+0000 (UTC)
published: Fri Aug 23 2019 14:34:44 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト