arXiv reaDer
単一画像の超解像のための注意を意識した線形深さ畳み込み
Attention-Aware Linear Depthwise Convolution for Single Image Super-Resolution
 ディープコンボリューショナルニューラルネットワーク(CNN)は画像超解像(SR)で優れたパフォーマンスを実現していますが、CNNモデルが深く、広くなるにつれて、計算コストが幾何学的に増加します。一方、中間層の機能はチャネル全体で等しく扱われるため、CNNの表現能力が妨げられます。この論文では、ALDNetという名前の単一画像SRの問題に対処するための注意を意識した線形深度ネットワークを提案します。特に、深さ方向の線形たたみ込みにより、CNNベースのSRモデルは、計算の負担を軽減しながら、超解像画像の再構築に役立つ情報を保持できます。さらに、深さ方向フィルターの相互依存性を最大限に活用して、深さ方向の畳み込み層の表現能力を強化する注意を意識したブランチを設計します。公開されているベンチマークデータセットの実験では、ALDNetが定量的測定と視覚的品質の点で従来の深さ方向の分離可能な畳み込みよりも優れたパフォーマンスを達成することが示されています。
Although deep convolutional neural networks (CNNs) have obtained outstanding performance in image superresolution (SR), their computational cost increases geometrically as CNN models get deeper and wider. Meanwhile, the features of intermediate layers are treated equally across the channel, thus hindering the representational capability of CNNs. In this paper, we propose an attention-aware linear depthwise network to address the problems for single image SR, named ALDNet. Specifically, linear depthwise convolution allows CNN-based SR models to preserve useful information for reconstructing a super-resolved image while reducing computational burden. Furthermore, we design an attention-aware branch that enhances the representation ability of depthwise convolution layers by making full use of depthwise filter interdependency. Experiments on publicly available benchmark datasets show that ALDNet achieves superior performance to traditional depthwise separable convolutions in terms of quantitative measurements and visual quality.
updated: Fri Nov 29 2019 06:17:16 GMT+0000 (UTC)
published: Wed Aug 07 2019 14:09:46 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト