arXiv reaDer
MoGA:MobileNetV3を超える検索
MoGA: Searching Beyond MobileNetV3
 MobileNetの進化により、モバイルエンドのニューラルネットワークアプリケーションの強固な基盤が構築されました。最新のMobileNetV3では、ニューラルアーキテクチャ検索が再びネットワーク設計における優位性を主張しました。残念ながら、今日まで、すべてのモバイルメソッドは主にGPUではなくCPUレイテンシに焦点を当てていますが、GPUはより高速でオーバーヘッドが少なく、干渉が少ないため、実際にはGPUが好まれています。ターゲットハードウェアを念頭に置いて、実際のアプリケーションに合わせて正確に調整するために、最初のモバイルGPU対応(MoGA)ニューラルアーキテクチャ検索を提案します。さらに、モバイルネットワークを考案する最終的な目的は、制限されたリソースの利用率を最大化することにより、パフォーマンスを向上させることにあります。時間の消費を抑えながら、より高い能力を促すことは両立しません。重み付き進化手法により緊張を緩和します。さらに、表現力を高めるためにパラメーターの数を増やすことをお勧めします。 GPUの日数がMnasNetの200倍少ないため、同様のレイテンシ制約の下でMobileNetV3を上回る一連のモデルが得られます。つまり、MoGA-AはImageNetで75.9%のトップ1精度を達成し、MoGA-Bは75.5%モバイルGPUで。 MoGA-Cは、75.3%に達し、CPUで遅くなりますがGPUで速くなることでGPU対応を最もよく証明します。モデルとテストコードはhttps://github.com/xiaomi-automl/MoGAで入手できます。
The evolution of MobileNets has laid a solid foundation for neural network applications on mobile end. With the latest MobileNetV3, neural architecture search again claimed its supremacy in network design. Unfortunately, till today all mobile methods mainly focus on CPU latencies instead of GPU, the latter, however, is much preferred in practice for it has faster speed, lower overhead and less interference. Bearing the target hardware in mind, we propose the first Mobile GPU-Aware (MoGA) neural architecture search in order to be precisely tailored for real-world applications. Further, the ultimate objective to devise a mobile network lies in achieving better performance by maximizing the utilization of bounded resources. Urging higher capability while restraining time consumption is not reconcilable. We alleviate the tension by weighted evolution techniques. Moreover, we encourage increasing the number of parameters for higher representational power. With 200x fewer GPU days than MnasNet, we obtain a series of models that outperform MobileNetV3 under the similar latency constraints, i.e., MoGA-A achieves 75.9% top-1 accuracy on ImageNet, MoGA-B meets 75.5% which costs only 0.5 ms more on mobile GPU. MoGA-C best attests GPU-awareness by reaching 75.3% and being slower on CPU but faster on GPU.The models and test code is made available here https://github.com/xiaomi-automl/MoGA.
updated: Tue Mar 03 2020 04:11:41 GMT+0000 (UTC)
published: Sun Aug 04 2019 10:40:04 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト