arXiv reaDer
DAR-Net:セマンティックシーンセグメンテーションのための動的集約ネットワーク
DAR-Net: Dynamic Aggregation Network for Semantic Scene Segmentation
 従来のグリッド/近傍ベースの静的プーリングは、ポイントクラウドジオメトリ解析の制約になりました。本稿では、動的な機能集約に焦点を当てた新しいネットワークアーキテクチャであるDAR-Netを提案します。 DAR-Netの中心的なアイデアは、シーンの複雑さとローカルジオメトリ機能の両方を考慮する自己適応型のプールスケルトンを生成することです。可変のセミローカル受容フィールドと重みを提供するスケルトンは、ローカル畳み込み特徴抽出器とグローバル反復特徴積分器を接続するブリッジとして機能します。屋内シーンデータセットに関する実験結果は、静的プーリング手法を採用する最先端のアーキテクチャと比較して、提案されたアプローチの利点を示しています。
Traditional grid/neighbor-based static pooling has become a constraint for point cloud geometry analysis. In this paper, we propose DAR-Net, a novel network architecture that focuses on dynamic feature aggregation. The central idea of DAR-Net is generating a self-adaptive pooling skeleton that considers both scene complexity and local geometry features. Providing variable semi-local receptive fields and weights, the skeleton serves as a bridge that connect local convolutional feature extractors and a global recurrent feature integrator. Experimental results on indoor scene datasets show advantages of the proposed approach compared to state-of-the-art architectures that adopt static pooling methods.
updated: Thu Dec 26 2019 03:13:59 GMT+0000 (UTC)
published: Sun Jul 28 2019 06:23:19 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト