arXiv reaDer
グラフ編集距離の改善されたローカル検索
Improved local search for graph edit distance
 グラフ編集距離(GED)は、1つのグラフを別のグラフに変換する一連の基本操作の最小コストとして、2つのグラフ間の相違を測定します。この測定は、構造パターンの認識や分類など、多くの分野で基本的なものです。ただし、GEDの正確な計算はNP困難です。近似解を計算するために提案されたさまざまなクラスのヒューリスティックアルゴリズムの中で、ローカル検索ベースのアルゴリズムはGEDの最も厳しい上限を提供します。このペーパーでは、K-REFINEとRANDPOSTを提示します。 K-REFINEは、既存のローカル検索アルゴリズムを一般化および改善し、小さなグラフで特にうまく機能します。 RANDPOSTは一般的なウォームスタートフレームワークであり、ローカル検索ベースのGEDアルゴリズムで使用される有望な初期ソリューションを確率的に生成します。大きなグラフでは特に効率的です。広範な経験的評価は、K-REFINEとRANDPOSTの両方が実際に優れたパフォーマンスを発揮することを示しています。
The graph edit distance (GED) measures the dissimilarity between two graphs as the minimal cost of a sequence of elementary operations transforming one graph into another. This measure is fundamental in many areas such as structural pattern recognition or classification. However, exactly computing GED is NP-hard. Among different classes of heuristic algorithms that were proposed to compute approximate solutions, local search based algorithms provide the tightest upper bounds for GED. In this paper, we present K-REFINE and RANDPOST. K-REFINE generalizes and improves an existing local search algorithm and performs particularly well on small graphs. RANDPOST is a general warm start framework that stochastically generates promising initial solutions to be used by any local search based GED algorithm. It is particularly efficient on large graphs. An extensive empirical evaluation demonstrates that both K-REFINE and RANDPOST perform excellently in practice.
updated: Tue Nov 26 2019 11:55:25 GMT+0000 (UTC)
published: Fri Jul 05 2019 16:52:40 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト