arXiv reaDer
FairNAS:重み共有ニューラルアーキテクチャ検索の評価の公平性の再考
FairNAS: Rethinking Evaluation Fairness of Weight Sharing Neural Architecture Search
 2段階の重み共有ニューラルアーキテクチャ検索で最も重要な問題の1つは、候補モデルの評価です。忠実なランキングは、確かに正確な検索結果につながります。ただし、現在の方法では、判断を誤る傾向があります。この論文では、スーパーネットトレーニングに内在する不公平のために、偏った評価が必然的に生じることを証明します。これを考慮して、2つのレベルの制約を提案します:期待公平性と厳密な公平性。特に、厳密な公平性により、トレーニング全体のすべての選択ブロックに対して同等の最適化の機会が確保され、能力を過大評価も過小評価することもありません。これは、モデルのランキングの信頼性を向上させるために重要であることを示しています。公平性の制約の下で訓練されたスーパーネットに多目的の進化的検索アルゴリズムを組み込み、ImageNetでさまざまな最新モデルを取得します。特に、FairNAS-Aは77.5%のトップ1精度を達成しています。モデルとその評価コードは、http://github.com/fairnas/FairNASでオンラインで公開されています。
One of the most critical problems in two-stage weight-sharing neural architecture search is the evaluation of candidate models. A faithful ranking certainly leads to accurate searching results. However, current methods are prone to making misjudgments. In this paper, we prove that they inevitably give biased evaluations due to inherent unfairness in the supernet training. In view of this, we propose two levels of constraints: expectation fairness and strict fairness. Particularly, strict fairness ensures equal optimization opportunities for all choice blocks throughout the training, which neither overestimates nor underestimates their capacity. We demonstrate this is crucial to improving confidence in models' ranking. Incorporating our supernet trained under fairness constraints with a multi-objective evolutionary search algorithm, we obtain various state-of-the-art models on ImageNet. Especially, FairNAS-A attains 77.5% top-1 accuracy. The models and their evaluation codes are made publicly available online http://github.com/fairnas/FairNAS .
updated: Tue Mar 10 2020 11:53:02 GMT+0000 (UTC)
published: Wed Jul 03 2019 10:50:38 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト