arXiv reaDer
STAR:構造とテクスチャを意識したRetinexモデル
STAR: A Structure and Texture Aware Retinex Model
 Retinex理論は、主に、局所的な画像微分を分析することにより、画像を照明成分と反射成分に分解するために開発されました。この理論では、大きな導関数は反射率の変化に起因し、小さな導関数は滑らかな照明に現れます。この論文では、観測画像の指数化された局所微分(指数γ)を使用して、その構造マップとテクスチャマップを生成します。構造マップはγ> 1で増幅されて生成されますが、テクスチャマップはγ<1で縮小されて生成されます。このため、ローカル導関数の指数フィルターを設計し、正確な構造とテクスチャを抽出する機能を示します。指数γの選択の影響を受けるマップ。抽出された構造およびテクスチャマップは、Retinex分解の照明および反射成分を正則化するために使用されます。単一画像の照明と反射率の分解のために、新しい構造とテクスチャを意識したRetinex(STAR)モデルがさらに提案されています。交互最適化アルゴリズムによってSTARモデルを解決します。各副問題は、閉形式の解を使用して、ベクトル化された最小二乗回帰に変換されます。一般にテストされたデータセットの包括的な実験により、提案されたSTARモデルは、照明と反射率の分解、低照度画像の強調、色補正に関して、以前の競合方法よりも優れた定量的および定性的性能を生み出すことが実証されています。コードはhttps://github.com/csjunxu/STARで公開されています。
Retinex theory is developed mainly to decompose an image into the illumination and reflectance components by analyzing local image derivatives. In this theory, larger derivatives are attributed to the changes in reflectance, while smaller derivatives are emerged in the smooth illumination. In this paper, we utilize exponentiated local derivatives (with an exponent γ) of an observed image to generate its structure map and texture map. The structure map is produced by been amplified with γ > 1, while the texture map is generated by been shrank with γ < 1. To this end, we design exponential filters for the local derivatives, and present their capability on extracting accurate structure and texture maps, influenced by the choices of exponents γ. The extracted structure and texture maps are employed to regularize the illumination and reflectance components in Retinex decomposition. A novel Structure and Texture Aware Retinex (STAR) model is further proposed for illumination and reflectance decomposition of a single image. We solve the STAR model by an alternating optimization algorithm. Each sub-problem is transformed into a vectorized least squares regression, with closed-form solutions. Comprehensive experiments on commonly tested datasets demonstrate that, the proposed STAR model produce better quantitative and qualitative performance than previous competing methods, on illumination and reflectance decomposition, low-light image enhancement, and color correction. The code is publicly available at https://github.com/csjunxu/STAR.
updated: Wed Mar 11 2020 06:41:12 GMT+0000 (UTC)
published: Sun Jun 16 2019 13:58:52 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト