arXiv reaDer
敵対的ドメイン適応によるゼロショット学習のための生成的フレームワーク
A Generative Framework for Zero-Shot Learning with Adversarial Domain Adaptation
 ゼロショット学習のためのドメイン適応ベースの生成フレームワークを提示します。私たちのフレームワークは、ゼロショット学習で見られるクラス分布と見えないクラス分布の間のドメインシフトの問題に対処し、敵対的なドメイン適応によって訓練された生成モデルを開発することでシフトを最小限に抑えます。私たちのアプローチは、見られたクラスと見えないクラスのクラス分布のエンドツーエンドの学習に基づいています。モデルが見えないクラスのクラス分布を学習できるようにするために、これらのクラス分布をクラス属性情報の観点からパラメーター化します(これは、見えているクラスと見えないクラスの両方で利用可能です)。これにより、クラス属性情報のみが与えられ、ラベル付きのトレーニングデータが与えられていない場合、目に見えないクラスのクラス分布を学習する非常に簡単な方法が提供されます。敵対的なドメイン適応でこのモデルをトレーニングすると、見られたクラスと見えないクラスのデータ間の分布の不一致に対する堅牢性がさらに高まります。また、このアプローチは、ニューラルネットベースの分類器をトレーニングして、ゼロショット学習のハブネスの問題を克服するための新しい方法を提供します。包括的な実験セットを通して、さまざまなベンチマークデータセットで、さまざまな最先端のゼロショット学習モデルと比較して、モデルが優れた精度をもたらすことを示しています。実験のコードはgithub.com/vkkhare/ZSL-ADAで入手できます
We present a domain adaptation based generative framework for zero-shot learning. Our framework addresses the problem of domain shift between the seen and unseen class distributions in zero-shot learning and minimizes the shift by developing a generative model trained via adversarial domain adaptation. Our approach is based on end-to-end learning of the class distributions of seen classes and unseen classes. To enable the model to learn the class distributions of unseen classes, we parameterize these class distributions in terms of the class attribute information (which is available for both seen and unseen classes). This provides a very simple way to learn the class distribution of any unseen class, given only its class attribute information, and no labeled training data. Training this model with adversarial domain adaptation further provides robustness against the distribution mismatch between the data from seen and unseen classes. Our approach also provides a novel way for training neural net based classifiers to overcome the hubness problem in zero-shot learning. Through a comprehensive set of experiments, we show that our model yields superior accuracies as compared to various state-of-the-art zero shot learning models, on a variety of benchmark datasets. Code for the experiments is available at github.com/vkkhare/ZSL-ADA
updated: Sat Feb 22 2020 18:49:21 GMT+0000 (UTC)
published: Fri Jun 07 2019 12:11:22 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト