arXiv reaDer
インスタンスの正規化を使用した深度対応の任意のスタイル転送
Depth-Aware Arbitrary Style Transfer Using Instance Normalization
スタイル転送とは、あるコンテンツを含む1つの画像を、スタイルを表す別の画像のスタイルでレンダリングするプロセスです。劉らの最近の研究。 (2017)は、Gatysらの伝統的なスタイルの転送方法を示しています。 (2016)とジョンソンら。 (2016)人間の知覚にとって重要なコンテンツ画像の奥行きを再現できません。彼らは、最適化された損失関数に追加の正則化機能によって深度マップを保存することを提案し、深度マップの保存を強制します。ただし、これらの従来の方法は、計算効率が悪いか、スタイルごとに個別のニューラルネットワークをトレーニングする必要があります。 HuangらのAdaINメソッド。 (2017)別のモデルをトレーニングせずに任意のスタイルを効率的に転送できますが、コンテンツ画像の深度マップを再現できません。このメソッドの拡張を提案し、可変のスタイル化の強さを適用することにより、深度マップを保持できるようにします。定性分析とユーザー評価調査の結果は、提案された方法が元のAdaINスタイルの転送方法と比較して、より優れたスタイルを提供することを示しています。
Style transfer is the process of rendering one image with some content in the style of another image, representing the style. Recent studies of Liu et al. (2017) show that traditional style transfer methods of Gatys et al. (2016) and Johnson et al. (2016) fail to reproduce the depth of the content image, which is critical for human perception. They suggest to preserve the depth map by additional regularizer in the optimized loss function, forcing preservation of the depth map. However these traditional methods are either computationally inefficient or require training a separate neural network for each style. AdaIN method of Huang et al. (2017) allows efficient transferring of arbitrary style without training a separate model but is not able to reproduce the depth map of the content image. We propose an extension to this method, allowing depth map preservation by applying variable stylization strength. Qualitative analysis and results of user evaluation study indicate that the proposed method provides better stylizations, compared to the original AdaIN style transfer method.
updated: Wed Jul 08 2020 17:53:11 GMT+0000 (UTC)
published: Mon Jun 03 2019 23:39:25 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト