arXiv reaDer
AIファインマン:記号回帰のための物理学にヒントを得た方法
AI Feynman: a Physics-Inspired Method for Symbolic Regression
物理学と人工知能(AI)の両方にとって重要な課題は、シンボリック回帰です:未知の関数からのデータに一致するシンボリック式を見つけることです。この問題は原則としてNP困難である可能性が高いが、実用的な関心のある機能はしばしば対称性、分離可能性、組成性および他の単純化特性を示す。この精神で、ニューラルネットワークフィッティングと物理学にヒントを得た一連の手法を組み合わせた再帰的多次元シンボリック回帰アルゴリズムを開発します。 Feynman Lectures on Physicsの100個の方程式に適用すると、すべての方程式が検出されますが、以前に公開されていたソフトウェアは71個しかクラックしません。より難しいテストセットの場合、最先端の成功率を15%から90%に改善します。
A core challenge for both physics and artificial intellicence (AI) is symbolic regression: finding a symbolic expression that matches data from an unknown function. Although this problem is likely to be NP-hard in principle, functions of practical interest often exhibit symmetries, separability, compositionality and other simplifying properties. In this spirit, we develop a recursive multidimensional symbolic regression algorithm that combines neural network fitting with a suite of physics-inspired techniques. We apply it to 100 equations from the Feynman Lectures on Physics, and it discovers all of them, while previous publicly available software cracks only 71; for a more difficult test set, we improve the state of the art success rate from 15% to 90%.
updated: Mon May 27 2019 20:03:57 GMT+0000 (UTC)
published: Mon May 27 2019 20:03:57 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト