arXiv reaDer
コンパクトなリーマン多様体上の幾何学的ウェーブレット散乱ネットワーク
Geometric Wavelet Scattering Networks on Compact Riemannian Manifolds
 ユークリッド散乱変換は、畳み込みニューラルネットワークの数学的理解を改善するために、ほぼ10年前に導入されました。畳み込みニューラルネットワークを多様体およびグラフ構造ドメインに一般化することを目的とする幾何学的深層学習への最近の関心に触発され、多様体の幾何学的散乱変換を定義します。ユークリッド散乱変換と同様に、幾何学的散乱変換は、ウェーブレットフィルターのカスケードと点ごとの非線形性に基づいています。これは、局所的なアイソメトリに対して不変であり、特定のタイプの微分同相写像に対して安定しています。経験的な結果は、いくつかの幾何学学習タスクでのその有用性を示しています。我々の結果は、ユークリッド散乱の変形安定性と局所並進不変性を一般化し、使用されるフィルター構造をデータの基礎となるジオメトリにリンクすることの重要性を示しています。
The Euclidean scattering transform was introduced nearly a decade ago to improve the mathematical understanding of convolutional neural networks. Inspired by recent interest in geometric deep learning, which aims to generalize convolutional neural networks to manifold and graph-structured domains, we define a geometric scattering transform on manifolds. Similar to the Euclidean scattering transform, the geometric scattering transform is based on a cascade of wavelet filters and pointwise nonlinearities. It is invariant to local isometries and stable to certain types of diffeomorphisms. Empirical results demonstrate its utility on several geometric learning tasks. Our results generalize the deformation stability and local translation invariance of Euclidean scattering, and demonstrate the importance of linking the used filter structures to the underlying geometry of the data.
updated: Fri Jul 17 2020 01:30:40 GMT+0000 (UTC)
published: Fri May 24 2019 21:19:04 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト