arXiv reaDer
非常に高解像度のマルチビュー衛星画像からの自動3Dリカバリ
Automated 3D recovery from very high resolution multi-view satellite images
  このペーパーでは、マルチビュー衛星画像を3Dデジタルサーフェスモデル(DSM)に処理するための自動化されたパイプラインを紹介します。提案されたパイプラインは、自動化された地理参照を実行し、高品質の密に一致した点群を生成します。特に、ステレオマッチングによって得られた複数の深度マップを融合して、高品質の3Dマップを生成する新しいアプローチが開発されています。サンプルLiDARデータからステレオペアの重要な構成を学習することにより、結果のサンプルデータへの近接度に基づいて画像ペアをランク付けします。個々の画像ペアから導出された複数の深度マップは、画像のスペクトルの類似性を考慮する適応3Dメディアンフィルターと融合されます。提案された適応メジアンフィルターは通常、通常のメジアンフィルターと比較して一般に一般に優れた結果を提供し、最良の場合で0.36メートルRMSEの改善精度を達成したことを示します。結果と分析が詳細に紹介されています。
This paper presents an automated pipeline for processing multi-view satellite images to 3D digital surface models (DSM). The proposed pipeline performs automated geo-referencing and generates high-quality densely matched point clouds. In particular, a novel approach is developed that fuses multiple depth maps derived by stereo matching to generate high-quality 3D maps. By learning critical configurations of stereo pairs from sample LiDAR data, we rank the image pairs based on the proximity of the results to the sample data. Multiple depth maps derived from individual image pairs are fused with an adaptive 3D median filter that considers the image spectral similarities. We demonstrate that the proposed adaptive median filter generally delivers better results in general as compared to normal median filter, and achieved an accuracy of improvement of 0.36 meters RMSE in the best case. Results and analysis are introduced in detail.
updated: Sat Oct 05 2019 01:46:03 GMT+0000 (UTC)
published: Fri May 17 2019 20:56:52 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト