arXiv reaDer
オープンセットカメラモデル同定に関する詳細な研究
An In-Depth Study on Open-Set Camera Model Identification
 カメラモデルの識別とは、写真を撮影に使用したカメラモデルにリンクする問題を指します。これは、可能性のある容疑者(たとえば、児童虐待またはテロリストのプロパガンダ資料の著者を検出する)を特定するためのさまざまな法医学的アプリケーションの有効化要因になる可能性があるため、文献では多くの正確なカメラモデル帰属方法が開発されています。ただし、主な欠点の1つは、問題の典型的なクローズドセットの仮定です。つまり、調査対象の写真は、調査中に存在する既知のセット(トレーニング時間)内の1つのカメラモデルに常に割り当てられ、実際のテスト中にまったく関係のないカメラモデルから写真が取得される可能性があるという事実は通常無視されます。現実的な条件下では、分析中のすべての画像が利用可能なカメラモデルのいずれかに属していると想定することはできません。この問題に対処するために、このホワイトペーパーでは、オープンセットシナリオでカメラモデルの識別問題を解決する可能性に関する最初の詳細な研究を紹介します。写真が与えられた場合、対象の既知のカメラモデルの1つからのものか、未知のカメラモデルからのものかを検出することを目指しています。特に、オープンセット認識を対象とするさまざまな特徴抽出アルゴリズムと分類器を比較します。また、任意のオープンセット分類器と一緒に適用できる可能性のあるオープンセットトレーニングプロトコルを評価し、これらの選択肢の単純なものが最良の結果を得ることに注目します。独立したデータセットの徹底的なテストにより、小規模な画像パッチでもオープンセットカメラモデルの帰属問題を解決することを目的とした、適切にトレーニングされたオープンセット分類器と組み合わせた特徴抽出器として、最近提案された畳み込みニューラルネットワークを活用できることが示されています最先端の利用可能なソリューションを超えて。
Camera model identification refers to the problem of linking a picture to the camera model used to shoot it. As this might be an enabling factor in different forensic applications to single out possible suspects (e.g., detecting the author of child abuse or terrorist propaganda material), many accurate camera model attribution methods have been developed in the literature. One of their main drawbacks, however, is the typical closed-set assumption of the problem. This means that an investigated photograph is always assigned to one camera model within a set of known ones present during investigation, i.e., training time, and the fact that the picture can come from a completely unrelated camera model during actual testing is usually ignored. Under realistic conditions, it is not possible to assume that every picture under analysis belongs to one of the available camera models. To deal with this issue, in this paper, we present the first in-depth study on the possibility of solving the camera model identification problem in open-set scenarios. Given a photograph, we aim at detecting whether it comes from one of the known camera models of interest or from an unknown one. We compare different feature extraction algorithms and classifiers specially targeting open-set recognition. We also evaluate possible open-set training protocols that can be applied along with any open-set classifier, observing that a simple of those alternatives obtains best results. Thorough testing on independent datasets shows that it is possible to leverage a recently proposed convolutional neural network as feature extractor paired with a properly trained open-set classifier aiming at solving the open-set camera model attribution problem even to small-scale image patches, improving over state-of-the-art available solutions.
updated: Wed Nov 13 2019 19:53:21 GMT+0000 (UTC)
published: Thu Apr 11 2019 14:48:55 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト