arXiv reaDer
持続性曲線:持続性図を要約するための標準的なフレームワーク
Persistence Curves: A canonical framework for summarizing persistence diagrams
 永続性ダイアグラムは、トポロジカルデータ分析(TDA)の分野における主要なツールの1つです。データの形に関する実りある情報が含まれています。永続化ダイアグラムのスペースで機械学習アルゴリズムを使用することは、スペースが複雑であるために困難であることがわかります。そのため、機械学習と互換性のある方法でこれらの図を変換することは、現在TDAで研究されている重要なトピックです。この論文では、私たちの主な貢献は3つの要素で構成されています。最初に、永続化曲線(PC)と呼ばれる図をベクトル化する一般的で統一されたフレームワークを開発し、永続化ランドスケープなどのいくつかのよく知られた要約がPCフレームワークに該当することを示します。次に、PCフレームワークに基づいていくつかの新しい要約を提案し、それらの安定性分析の理論的基盤を提供します。最後に、提案されたPCを2つのアプリケーションに適用します。テクスチャ分類と離散動的システムのパラメーターの決定です。それらのパフォーマンスは他のTDAメソッドと競合します。
Persistence diagrams are one of the main tools in the field of Topological Data Analysis (TDA). They contain fruitful information about the shape of data. The use of machine learning algorithms on the space of persistence diagrams proves to be challenging as the space is complicated. For that reason, transforming these diagrams in a way that is compatible with machine learning is an important topic currently researched in TDA. In this paper, our main contribution consists of three components. First, we develop a general and unifying framework of vectorizing diagrams that we call the Persistence Curves (PCs), and show that several well-known summaries, such as Persistence Landscapes, fall under the PC framework. Second, we propose several new summaries based on PC framework and provide a theoretical foundation for their stability analysis. Finally, we apply proposed PCs to two applications---texture classification and determining the parameters of a discrete dynamical system; their performances are competitive with other TDA methods.
updated: Tue Jun 02 2020 14:47:33 GMT+0000 (UTC)
published: Tue Apr 16 2019 15:38:41 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト