arXiv reaDer
スパースマーカーからの顔の再構成のための高解像度データのローカルジオメトリインデックス
Local Geometric Indexing of High Resolution Data for Facial Reconstruction from Sparse Markers
  スパースモーションキャプチャマーカーデータを検討する場合、通常、高次元のブレンドシェイプシステムによるオーバーフィッティングと平滑性の制約によるアンダーフィッティングのバランスをとるのに苦労します。より多くのデータを使用する現在の傾向では、モーションキャプチャマーカーをパラメーター化された(ブレンドシェイプ)モデルに合わせたり、マーカー位置を介してサーフェスをスムーズに補間するのではなく、高解像度のデータセットでインスタンスを見つけることを目指しています各マーカーに合うローカルジオメトリが含まれています。典型的な機械学習アプリケーションに当てはまるように、このアプローチは大量のデータの恩恵を受けるため、シミュレーション出力が同じいわゆる上にあるように、高解像度データセットを対象とする特別に設計された物理シミュレーションを介してデータセットを増強することも検討します対象となるデータとしての多様体。
When considering sparse motion capture marker data, one typically struggles to balance its overfitting via a high dimensional blendshape system versus underfitting caused by smoothness constraints. With the current trend towards using more and more data, our aim is not to fit the motion capture markers with a parameterized (blendshape) model or to smoothly interpolate a surface through the marker positions, but rather to find an instance in the high resolution dataset that contains local geometry to fit each marker. Just as is true for typical machine learning applications, this approach benefits from a plethora of data, and thus we also consider augmenting the dataset via specially designed physical simulations that target the high resolution dataset such that the simulation output lies on the same so-called manifold as the data targeted.
updated: Wed Sep 04 2019 23:38:29 GMT+0000 (UTC)
published: Fri Mar 01 2019 01:37:46 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト