arXiv reaDer
S-DOD-CNN:イベント認識のための空間的に保存されたオブジェクト情報の二重注入
S-DOD-CNN: Doubly Injecting Spatially-Preserved Object Information for Event Recognition
 空間的に保存された二重注入オブジェクト検出CNN(S-DOD-CNN)と呼ばれる新しいイベント認識アプローチを提示します。これは、直接および間接の両方で空間的に保存されたオブジェクト検出情報を組み込みます。間接注入は、オブジェクト検出モジュールとイベント認識モジュール間で重みを共有するだけで実行されます。一方、私たちの目新しさは、直接注入の空間情報を保存しているという事実にあります。複数の関心領域(RoI)が取得されると、それらの特徴マップが計算され、次に提示する4つのRoI投影アプローチの1つを使用して、空間的に保存された特徴マップに投影されます。このアーキテクチャでは、オブジェクト検出用に結合された機能マップが生成され、イベント認識モジュールに直接注入されます。この方法は、悪意のあるイベントを認識するための最新の精度を提供します。
We present a novel event recognition approach called Spatially-preserved Doubly-injected Object Detection CNN (S-DOD-CNN), which incorporates the spatially preserved object detection information in both a direct and an indirect way. Indirect injection is carried out by simply sharing the weights between the object detection modules and the event recognition module. Meanwhile, our novelty lies in the fact that we have preserved the spatial information for the direct injection. Once multiple regions-of-intereset (RoIs) are acquired, their feature maps are computed and then projected onto a spatially-preserving combined feature map using one of the four RoI Projection approaches we present. In our architecture, combined feature maps are generated for object detection which are directly injected to the event recognition module. Our method provides the state-of-the-art accuracy for malicious event recognition.
updated: Sat Feb 01 2020 00:35:19 GMT+0000 (UTC)
published: Mon Feb 11 2019 18:52:59 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト