arXiv reaDer
多段畳み込みニューラルネットワークに基づく光学フリンジパターンフィルタリング
Optical Fringe Patterns Filtering Based on Multi-Stage Convolution Neural Network
光学縞パターンは、スペックルノイズで汚染されていることが多く、位相フィールドを正確かつ確実に抽出することが困難です。この問題に対処するために、入力ノイズの多い縞模様からスペックルを直接除去するための、光学学習縞ノイズ除去畳み込みニューラルネットワーク(FPD-CNN)と呼ばれる、深層学習に基づくフィルタリング方法を提案します。正則化テクノロジは、深いアーキテクチャの設計に統合されています。具体的には、FPD-CNN法は複数のステージに分かれており、各ステージは、バッチ正規化とリーキー整流線形ユニット(Leaky ReLU)アクティベーション関数と共に、たたみ込み層のセットで構成されています。エンドツーエンドの合同トレーニングは、ユークリッド損失を使用して実行されます。シミュレーションおよび実験の光学縞パターン、特に高密度領域を持つより細かい縞パターンに関する広範な実験は、提案された方法が空間または変換ドメインにおけるいくつかの最先端のノイズ除去技術と競合し、縞模様の主な特徴を効率的に維持することを示していますかなり速い速度。
Optical fringe patterns are often contaminated by speckle noise, making it difficult to accurately and robustly extract their phase fields. To deal with this problem, we propose a filtering method based on deep learning, called optical fringe patterns denoising convolutional neural network (FPD-CNN), for directly removing speckle from the input noisy fringe patterns. Regularization technology is integrated into the design of deep architecture. Specifically, the FPD-CNN method is divided into multiple stages, each stage consists of a set of convolutional layers along with batch normalization and leaky rectified linear unit (Leaky ReLU) activation function. The end-to-end joint training is carried out using the Euclidean loss. Extensive experiments on simulated and experimental optical fringe patterns,especially finer ones with high-density regions, show that the proposed method is competitive with some state-of-the-art denoising techniques in spatial or transform domains, efficiently preserving main features of fringe at a fairly fast speed.
updated: Thu Jul 02 2020 05:44:47 GMT+0000 (UTC)
published: Wed Jan 02 2019 13:55:16 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト