arXiv reaDer
構造化ドメインのランダム化:コンテキストを意識した合成データによって現実のギャップを埋める
Structured Domain Randomization: Bridging the Reality Gap by Context-Aware Synthetic Data
構造化ドメインランダム化(SDR)、シーンの構造とコンテキストを考慮に入れるドメインランダム化(DR)のバリアントを提示します。オブジェクトとディストラクタを一様な確率分布に従ってランダムに配置するDRとは対照的に、SDRは、特定の問題から生じる確率分布に従ってオブジェクトとディストラクタをランダムに配置します。このように、SDRで生成された画像により、ニューラルネットワークは、検出中にオブジェクトの周囲のコンテキストを考慮することができます。 2Dバウンディングボックス車の検出の問題に対するSDRの力を示し、合成データのみでトレーニングした後、実際のデータで競争力のある結果を達成します。 KITTIの簡単、中程度、そしてハードなタスクでは、SDRが他の方法で合成データ(VKITTI、Sim 200k、またはDR)を生成するほか、別のドメインで収集された実際のデータ(BDD100K)を生成することを示しています。さらに、実際のKITTIデータと組み合わせた合成SDRデータは、実際のKITTIデータだけを上回ります。
We present structured domain randomization (SDR), a variant of domain randomization (DR) that takes into account the structure and context of the scene. In contrast to DR, which places objects and distractors randomly according to a uniform probability distribution, SDR places objects and distractors randomly according to probability distributions that arise from the specific problem at hand. In this manner, SDR-generated imagery enables the neural network to take the context around an object into consideration during detection. We demonstrate the power of SDR for the problem of 2D bounding box car detection, achieving competitive results on real data after training only on synthetic data. On the KITTI easy, moderate, and hard tasks, we show that SDR outperforms other approaches to generating synthetic data (VKITTI, Sim 200k, or DR), as well as real data collected in a different domain (BDD100K). Moreover, synthetic SDR data combined with real KITTI data outperforms real KITTI data alone.
updated: Tue Aug 18 2020 14:16:52 GMT+0000 (UTC)
published: Tue Oct 23 2018 21:15:55 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト