arXiv reaDer
BDD100K:異種マルチタスク学習のための多様な運転データセット
BDD100K: A Diverse Driving Dataset for Heterogeneous Multitask Learning
 データセットはビジョンの進歩を促進しますが、自動運転のためのマルチタスク学習を研究するために、既存の運転データセットはビジュアルコンテンツとサポートされているタスクの面で貧弱です。研究者は通常、1つのデータセットで少数の問題を調査するように制限されていますが、実際のコンピュータビジョンアプリケーションでは、さまざまな複雑さのタスクを実行する必要があります。自動運転における画像認識アルゴリズムのエキサイティングな進歩を評価するために、10万のビデオと10のタスクを含む最大の運転ビデオデータセットであるBDD100Kを構築します。データセットには地理的、環境的、および気象の多様性があり、新しい条件に驚かされる可能性が低いトレーニングモデルに役立ちます。この多様なデータセットに基づいて、異種マルチタスク学習のベンチマークを構築し、タスクを一緒に解決する方法を研究します。私たちの実験は、既存のモデルがこのような異種のタスクを実行するには特別なトレーニング戦略が必要であることを示しています。 BDD100Kは、この重要な場所で将来の研究の扉を開きます。
Datasets drive vision progress, yet existing driving datasets are impoverished in terms of visual content and supported tasks to study multitask learning for autonomous driving. Researchers are usually constrained to study a small set of problems on one dataset, while real-world computer vision applications require performing tasks of various complexities. We construct BDD100K, the largest driving video dataset with 100K videos and 10 tasks to evaluate the exciting progress of image recognition algorithms on autonomous driving. The dataset possesses geographic, environmental, and weather diversity, which is useful for training models that are less likely to be surprised by new conditions. Based on this diverse dataset, we build a benchmark for heterogeneous multitask learning and study how to solve the tasks together. Our experiments show that special training strategies are needed for existing models to perform such heterogeneous tasks. BDD100K opens the door for future studies in this important venue.
updated: Wed Apr 08 2020 09:25:06 GMT+0000 (UTC)
published: Sat May 12 2018 09:24:21 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト