arXiv reaDer
ディープニューラルネットワークを介したほぼ無損失のℓ_∞制約付き画像圧縮解除
Near-lossless ℓ_∞-constrained Image Decompression via Deep Neural Network
 最近、画像圧縮アーティファクトを除去するために、多くのCNNベースの技術が提案されました。他の復元アプリケーションと同様に、これらの手法はすべて、解凍されたパッチからユビキタスℓ_∞メトリックの下で元の対応するパッチへのマッピングを学習します。ただし、このアプローチは、統計的な外れ値である可能性がありますが、セマンティックの重要性が高い(医療画像の小さな病変など)際立った画像の詳細を復元することはできません。この弱点を克服するために、ニューラルネットワークの設計にℓ_∞忠実度基準を組み込んで、元の画像の小さくて独特な構造が失われたり歪められたりしないようにすることを提案します。実験結果は、提案された方法がℓ_∞エラーメトリックおよび知覚品質において最先端の方法よりも優れていること、およびℓ_2エラーメトリックでも競合していることを示しています。それは他のアルゴリズムによって破壊されるか見逃された微妙な画像の詳細を復元できます。私たちの研究は、医学、宇宙、および科学のアプリケーションに理想的に適した超高忠実度の画像圧縮の新しい機械学習パラダイムを示唆しています。
Recently a number of CNN-based techniques were proposed to remove image compression artifacts. As in other restoration applications, these techniques all learn a mapping from decompressed patches to the original counterparts under the ubiquitous ℓ_∞ metric. However, this approach is incapable of restoring distinctive image details which may be statistical outliers but have high semantic importance (e.g., tiny lesions in medical images). To overcome this weakness, we propose to incorporate an ℓ_∞ fidelity criterion in the design of neural network so that no small, distinctive structures of the original image can be dropped or distorted. Experimental results demonstrate that the proposed method outperforms the state-of-the-art methods in ℓ_∞ error metric and perceptual quality, while being competitive in ℓ_2 error metric as well. It can restore subtle image details that are otherwise destroyed or missed by other algorithms. Our research suggests a new machine learning paradigm of ultra high fidelity image compression that is ideally suited for applications in medicine, space, and sciences.
updated: Fri Jan 17 2020 22:25:45 GMT+0000 (UTC)
published: Thu Jan 18 2018 12:25:42 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト