arXiv reaDer
航空画像分類のための連続的な埋め込みと分類損失
Successive Embedding and Classification Loss for Aerial Image Classification
  ディープニューラルネットワークは、航空写真を自動的に分類する効果的な手段となりますが、トレーニングデータに簡単にオーバーフィットできます。トレーニングされたニューラルネットワークが、トレーニング環境とテスト環境の間に存在する変動に対して堅牢であることが重要です。空中画像分類のオーバーフィッティング問題に対処するために、ニューラルネットワークを、入力画像から埋め込みフィーチャ表現へ、そして最終的にはセマンティッククラスラベルへの連続的な変換と見なし、最適化に加えて埋め込み空間での画像表現を最適化するようにニューラルネットワークをトレーニングします最終的な分類スコア。この二重埋め込みおよび分類損失でトレーニングされたネットワークは、分類損失のみのネットワークよりも優れていることを示します。また、さまざまなネットワーク層に埋め込み損失を配置することを検討します。また、埋め込み損失を一般的に使用される特徴空間から分類器空間(ソフトマックス非線形化の直前の空間)に移動すると、航空写真の最良の分類パフォーマンスが得られることがわかります。ネットワークの埋め込み表現の可視化により、埋め込み損失により、MSTARとAIDの2つの航空画像分類ベンチマークデータセットのパーティションのトレーニングとテストの両方で、ターゲットクラスクラスター間の分離が促進されることがわかります。コードはGitHubで公開されています。
Deep neural networks can be effective means to automatically classify aerial images but is easy to overfit to the training data. It is critical for trained neural networks to be robust to variations that exist between training and test environments. To address the overfitting problem in aerial image classification, we consider the neural network as successive transformations of an input image into embedded feature representations and ultimately into a semantic class label, and train neural networks to optimize image representations in the embedded space in addition to optimizing the final classification score. We demonstrate that networks trained with this dual embedding and classification loss outperform networks with classification loss only. %We also study placing the embedding loss on different network layers. We also find that moving the embedding loss from commonly-used feature space to the classifier space, which is the space just before softmax nonlinearization, leads to the best classification performance for aerial images. Visualizations of the network's embedded representations reveal that the embedding loss encourages greater separation between target class clusters for both training and testing partitions of two aerial image classification benchmark datasets, MSTAR and AID. Our code is publicly available on GitHub.
updated: Tue Sep 24 2019 05:57:53 GMT+0000 (UTC)
published: Tue Dec 05 2017 07:45:18 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト