arXiv reaDer
3D医療画像におけるボールスケールベースの階層的マルチオブジェクト認識
Ball-Scale Based Hierarchical Multi-Object Recognition in 3D Medical Images
 このペーパーでは、事前の形状モデルとボールスケール(bスケール)の概念を使用して、精巧な検索や最適化を実行せずに3D画像内のオブジェクトを自動的に認識する方法を調査します。つまり、目標は、モデルの境界が画像内のオブジェクトの境界の近くに収まるように、与えられた画像内の正しいポーズ(位置、方向、スケール)の近くに単一ショットでモデルを配置することです。これは、次の一連の重要なアイデアによって実現されます。(a)マルチオブジェクト形状モデルアセンブリを構築する半自動の方法。 (b)トレーニング画像内のオブジェクトとbスケール画像でキャプチャされた強度パターンとの間のポーズ関係を、bスケールを介してエンコードする新しい戦略。 (c)学習した姿勢関係とセグメント化する特定の画像のbスケール画像から、特定の画像にワンショットでモデルを配置する階層的メカニズム。 20組の日常の臨床腹部女性および男性CTデータセットの評価結果は、次のことを示しています。(1)多数のオブジェクトを組み込むと、認識精度が大幅に向上します。 (2)認識アルゴリズムは、モデルアセンブリの迅速な置換が粗い認識として定義され、描写自体が最高の認識として知られるような階層的なフレームワークと考えることができます。 (3)スケールは、モデルアセンブリと特定の画像の関係に関する有用な情報を生成します。そのため、複雑な検索や最適化を行うことなく、認識により実際のポーズに近いモデルの配置が得られます。 (4)効果的なオブジェクト認識により、描写が最も正確になります。
This paper investigates, using prior shape models and the concept of ball scale (b-scale), ways of automatically recognizing objects in 3D images without performing elaborate searches or optimization. That is, the goal is to place the model in a single shot close to the right pose (position, orientation, and scale) in a given image so that the model boundaries fall in the close vicinity of object boundaries in the image. This is achieved via the following set of key ideas: (a) A semi-automatic way of constructing a multi-object shape model assembly. (b) A novel strategy of encoding, via b-scale, the pose relationship between objects in the training images and their intensity patterns captured in b-scale images. (c) A hierarchical mechanism of positioning the model, in a one-shot way, in a given image from a knowledge of the learnt pose relationship and the b-scale image of the given image to be segmented. The evaluation results on a set of 20 routine clinical abdominal female and male CT data sets indicate the following: (1) Incorporating a large number of objects improves the recognition accuracy dramatically. (2) The recognition algorithm can be thought as a hierarchical framework such that quick replacement of the model assembly is defined as coarse recognition and delineation itself is known as finest recognition. (3) Scale yields useful information about the relationship between the model assembly and any given image such that the recognition results in a placement of the model close to the actual pose without doing any elaborate searches or optimization. (4) Effective object recognition can make delineation most accurate.
updated: Fri Feb 05 2010 17:54:36 GMT+0000 (UTC)
published: Fri Feb 05 2010 17:54:36 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト