arXiv reaDer
大規模な生体認証データベースの機能レベルのクラスタリング
Feature Level Clustering of Large Biometric Database
 この論文では、識別時に大規模な生体認証データベースを分割するための効率的な手法を提案しています。この手法では、オフライン署名から抽出されたグローバル記述子とローカル記述子で構成される特徴ベクトルが、データベースを分割するためにファジークラスタリング技術によって使用されます。生体認証機能には自然なソート順がないため、アルファベット順または数値順にインデックスを付けることは困難です。したがって、検索スペースを分割するには、いくつかの監視基準が必要です。識別時に、クエリサンプルのIDを宣言するための最も近いクラスターを見つけるために、あいまいさの基準が導入されます。システムはビンミス率を使用してテストされ、従来のk-meansアプローチと比較してパフォーマンスが向上しています。
This paper proposes an efficient technique for partitioning large biometric database during identification. In this technique feature vector which comprises of global and local descriptors extracted from offline signature are used by fuzzy clustering technique to partition the database. As biometric features posses no natural order of sorting, thus it is difficult to index them alphabetically or numerically. Hence, some supervised criteria is required to partition the search space. At the time of identification the fuzziness criterion is introduced to find the nearest clusters for declaring the identity of query sample. The system is tested using bin-miss rate and performs better in comparison to traditional k-means approach.
updated: Tue Feb 02 2010 02:30:22 GMT+0000 (UTC)
published: Tue Feb 02 2010 02:30:22 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト