arXiv reaDer
DS理論を用いたローカルおよびグローバルマッチングスコアの融合による顔認識:ユニクラシファイアおよびマルチクラシファイアパラダイムによる評価
Face Recognition by Fusion of Local and Global Matching Scores using DS Theory: An Evaluation with Uni-classifier and Multi-classifier Paradigm
 顔は非常に変形しやすいオブジェクトであり、時間の経過とともに外観が簡単に変わる場合があります。すべての顔領域が同じ変動の影響を受けるわけではありません。したがって、顔の独立した領域から情報を分離することは、あらゆる顔認識技術の堅牢性を向上させるために最も重要です。この論文は、独立した顔領域に関連するSIFT特徴の抽出とマッチングに基づいた堅牢な顔認識技術を提示します。グローバルおよびローカル(部品からの認識として)のマッチング戦略が提案されています。ローカル戦略は、目や口などの顔のランドマークに接続された個々の顕著な顔のSIFT特徴のマッチングに基づいています。グローバルマッチング戦略に関しては、すべてのSIFT機能が組み合わされて単一の機能を形成します。識別エラーを減らすために、Dempster-Shafer決定理論を適用して2つのマッチング手法を融合します。提案されたアルゴリズムは、ORLおよびIITK顔データベースで評価されます。実験結果は、部分的に遮蔽された顔や情報が欠落している場合にも、提案された顔認識技術の有効性と可能性を示しています。
Faces are highly deformable objects which may easily change their appearance over time. Not all face areas are subject to the same variability. Therefore decoupling the information from independent areas of the face is of paramount importance to improve the robustness of any face recognition technique. This paper presents a robust face recognition technique based on the extraction and matching of SIFT features related to independent face areas. Both a global and local (as recognition from parts) matching strategy is proposed. The local strategy is based on matching individual salient facial SIFT features as connected to facial landmarks such as the eyes and the mouth. As for the global matching strategy, all SIFT features are combined together to form a single feature. In order to reduce the identification errors, the Dempster-Shafer decision theory is applied to fuse the two matching techniques. The proposed algorithms are evaluated with the ORL and the IITK face databases. The experimental results demonstrate the effectiveness and potential of the proposed face recognition techniques also in the case of partially occluded faces or with missing information.
updated: Tue Feb 02 2010 02:22:58 GMT+0000 (UTC)
published: Tue Feb 02 2010 02:22:58 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト