arXiv reaDer
CT血管造影画像セグメンテーションのための勾配ベースのシード領域成長法
Gradient Based Seeded Region Grow method for CT Angiographic Image Segmentation
 シード領域成長技術を使用した医療画像のセグメンテーションは、シード選択プロセスに解剖学的構造の高レベルの知識を含めることができるため、ますます人気のある方法になりつつあります。医用画像の領域ベースのセグメンテーションは、視覚化、骨検出、腫瘍検出、臨床データベースでの教師なし画像検索など、さまざまな臨床アプリケーションで広く使用されています。医用画像は本質的にほとんど曖昧であるため、強度に基づいた領域のセグメント化は最も難しいタスクです。このホワイトペーパーでは、CT血管造影画像で解剖学的構造をセグメント化するために使用される一般的なシード領域成長方法について説明します。 CTA画像をセグメント化しながら領域成長プロセスを制御するための勾配ベースの均質性基準を提案しました。
Segmentation of medical images using seeded region growing technique is increasingly becoming a popular method because of its ability to involve high-level knowledge of anatomical structures in seed selection process. Region based segmentation of medical images are widely used in varied clinical applications like visualization, bone detection, tumor detection and unsupervised image retrieval in clinical databases. As medical images are mostly fuzzy in nature, segmenting regions based intensity is the most challenging task. In this paper, we discuss about popular seeded region grow methodology used for segmenting anatomical structures in CT Angiography images. We have proposed a gradient based homogeneity criteria to control the region grow process while segmenting CTA images.
updated: Thu Jan 21 2010 07:15:29 GMT+0000 (UTC)
published: Thu Jan 21 2010 07:15:29 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト