arXiv reaDer
アリのコロニーにおける捕食者-被食者および友人-被食者の関係を予測するモデルベースのアプローチ
A Model-Based Approach to Predicting Predator-Prey & Friend-Foe Relationships in Ant Colonies
 昆虫間の捕食者と被食者の関係を理解することは、昆虫コロニー研究の領域での挑戦的な仕事です。これは、特定の行動が捕食者と被食者の相互作用、味方と敵の相互作用、または別の種類の相互作用の結果であるかどうかを判断するなど、関係するいくつかの要因によるものです。この論文では、このような行動をよりよく理解し予測するために、大工アリの2つのコロニーでの一連の捕食者-被食者および味方-敵の相互作用を分析します。収集されたデータを使用して、実験が実施された特定の条件下でこのような動作を予測するための予備モデルも考案しました。このホワイトペーパーでは、データ分析の結果とプロセスの概要を示します。
Understanding predator-prey relationships among insects is a challenging task in the domain of insect-colony research. This is due to several factors involved, such as determining whether a particular behavior is the result of a predator-prey interaction, a friend-foe interaction or another kind of interaction. In this paper, we analyze a series of predator-prey and friend-foe interactions in two colonies of carpenter ants to better understand and predict such behavior. Using the data gathered, we have also come up with a preliminary model for predicting such behavior under the specific conditions the experiment was conducted in. In this paper, we present the results of our data analysis as well as an overview of the processes involved.
updated: Mon Dec 14 2009 01:53:25 GMT+0000 (UTC)
published: Mon Dec 14 2009 01:53:25 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト