arXiv reaDer
鉛直線の制約と最小のハフエントロピーを使用したカメラの歪みの自己校正
Camera distortion self-calibration using the plumb-line constraint and minimal Hough entropy
 この論文では、直線を含むシーンの単一画像を使用して、カメラの歪みを自己補正するためのシンプルで堅牢な方法を提示します。最も一般的な歪みは放射状歪みとしてモデル化できるため、Harris放射状歪みモデルを使用した方法を説明しますが、この方法はあらゆる歪みモデルに適用できます。この方法は、歪んだ画像のエッジを1次元の角度ハフ空間に変換し、対応する正規化されたヒストグラムのエントロピーを最小化する歪み補正パラメーターを最適化することに基づいています。適切に補正された画像は曲線が少なくなるため、ハフ空間での広がりが少なくなります。この方法は、いくつかの共通の向きを共有するedgelsの存在を超える画像構造に依存せず、エッジフィッティングを使用しないため、さまざまな種類の画像に適用できます。たとえば、弱いが支配的な方向のテクスチャの画像、または強い消失点のある画像に等しく適用できます。最後に、この方法は合成データと実データの両方で実行され、ノイズに対して特に堅牢であることを明らかにしています。
In this paper we present a simple and robust method for self-correction of camera distortion using single images of scenes which contain straight lines. Since the most common distortion can be modelled as radial distortion, we illustrate the method using the Harris radial distortion model, but the method is applicable to any distortion model. The method is based on transforming the edgels of the distorted image to a 1-D angular Hough space, and optimizing the distortion correction parameters which minimize the entropy of the corresponding normalized histogram. Properly corrected imagery will have fewer curved lines, and therefore less spread in Hough space. Since the method does not rely on any image structure beyond the existence of edgels sharing some common orientations and does not use edge fitting, it is applicable to a wide variety of image types. For instance, it can be applied equally well to images of texture with weak but dominant orientations, or images with strong vanishing points. Finally, the method is performed on both synthetic and real data revealing that it is particularly robust to noise.
updated: Sun Jan 04 2009 11:49:44 GMT+0000 (UTC)
published: Fri Oct 24 2008 10:50:59 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト