arXiv reaDer
高度なビデオ取得および処理アーキテクチャのテスト戦略の実装
Implementing a Test Strategy for an Advanced Video Acquisition and Processing Architecture
 このホワイトペーパーでは、リモートIP監視で使用される高度なビデオシステムのテストプロセスに関連するいくつかの側面を紹介します。このシステムは、業界標準のPC104 +を使用したPentium互換アーキテクチャに基づいています。最初に、ハードウェアまたはソフトウェアの両方の側面を含む、システムの全体的なアーキテクチャが提示されます。特別な非標準のアーキテクチャで開発されたアクイジションボードについても簡単に説明します。この調査の主な目的は、ビデオ集録ボードのすべての側面をテストするための一貫した手順を設定することでした。これを実現するには、2つの手順で手順を設定する必要がありました。スタンドアロンビデオボードテスト(機能テスト)と、LinuxとWindowsの両方のOSとの互換性を検証するインシステムテスト手順です。また、この手順を使用して得られた結果も示します。
This paper presents some aspects related to test process of an advanced video system used in remote IP surveillance. The system is based on a Pentium compatible architecture using the industrial standard PC104+. First the overall architecture of the system is presented, involving both hardware or software aspects. The acquisition board which is developed in a special, nonstandard architecture, is also briefly presented. The main purpose of this research was to set a coherent set of procedures in order to test all the aspects of the video acquisition board. To accomplish this, it was necessary to set-up a procedure in two steps: stand alone video board test (functional test) and an in-system test procedure verifying the compatibility with both OS: Linux and Windows. The paper presents also the results obtained using this procedure.
updated: Fri Feb 22 2008 10:54:59 GMT+0000 (UTC)
published: Fri Feb 22 2008 10:54:59 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト