arXiv reaDer
指紋のファジーボールトはブルートフォース攻撃に対して脆弱です。
The Fuzzy Vault for fingerprints is Vulnerable to Brute Force Attack
 ファジーボールトアプローチは、暗号化セキュリティを生体認証にバインドするための最もよく研究され、広く受け入れられているアイデアの1つです。ヴォールトは、UludagとJainによる指紋データに関連して実装されています。このボールトのインスタンスは、ブルートフォース攻撃に対して脆弱であることを示しています。ボールトデータのインターセプターは、一般的に手頃な価格の計算リソースのみを使用して、シークレットデータとテンプレートデータの両方を回復できます。次に、いくつかの可能な代替案について説明し、生体認証セキュリティに対する一方向関数アプローチよりも暗号セキュリティが望ましい場合があることを提案します。
The fuzzy vault approach is one of the best studied and well accepted ideas for binding cryptographic security into biometric authentication. The vault has been implemented in connection with fingerprint data by Uludag and Jain. We show that this instance of the vault is vulnerable to brute force attack. An interceptor of the vault data can recover both secret and template data using only generally affordable computational resources. Some possible alternatives are then discussed and it is suggested that cryptographic security may be preferable to the one - way function approach to biometric security.
updated: Wed Aug 22 2007 08:28:02 GMT+0000 (UTC)
published: Wed Aug 22 2007 08:28:02 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト