arXiv reaDer
大まかなセット計算による欠損データの補完
Rough Sets Computations to Impute Missing Data
 欠落データを処理するための多くの手法が文献で提案されています。これらの技術のほとんどは非常に複雑です。このホワイトペーパーでは、ラフセットの計算に基づく代入手法について説明します。この論文では、不完全に指定された決定表を記述するために特性関係が導入されています。不完全に指定された決定表の下位近似と上位近似の基本的なラフ集合の考え方は、さまざまな方法で定義できることが示されています。実際のデータを使用して得られた経験的な結果が提供され、データの欠落の問題に対する貴重で有望な洞察を提供します。欠損データは最大99%の精度で予測されました。
Many techniques for handling missing data have been proposed in the literature. Most of these techniques are overly complex. This paper explores an imputation technique based on rough set computations. In this paper, characteristic relations are introduced to describe incompletely specified decision tables.It is shown that the basic rough set idea of lower and upper approximations for incompletely specified decision tables may be defined in a variety of different ways. Empirical results obtained using real data are given and they provide a valuable and promising insight to the problem of missing data. Missing data were predicted with an accuracy of up to 99%.
updated: Thu Apr 26 2007 22:22:45 GMT+0000 (UTC)
published: Thu Apr 26 2007 22:22:45 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト