arXiv reaDer
グローバルアライメントに基づく時系列のカーネル
A kernel for time series based on global alignments
 本稿では、サポートベクターマシンなどの一般的なアルゴリズムを含むカーネルメソッドのフレームワーク内で、時系列、特に音声データを処理する新しいカーネルファミリーを提案します。これらのカーネルは、シーケンスを別のシーケンスにマッピングするために、同じ基本操作のセット、つまりトークンの置換と繰り返しを考慮することにより、距離の有名なDynamic Time Warping(DTW)ファミリについて詳しく説明します。これらの各操作に所定のスコアを関連付けると、DTWアルゴリズムは動的プログラミング手法を使用して、全体的なスコアが高い最適な操作シーケンスを計算します。この論文では、代わりに、考えられるすべてのアラインメントにまたがるスコアを考慮し、それらの最大値の平滑化バージョンを取得し、この定式化からカーネルを導き出します。このカーネルは好ましい条件下で正定値であることを証明し、音声認識タスクで有望な結果を報告する際に、実際のアプリケーションに対して効果的に調整できる方法を示します。
We propose in this paper a new family of kernels to handle times series, notably speech data, within the framework of kernel methods which includes popular algorithms such as the Support Vector Machine. These kernels elaborate on the well known Dynamic Time Warping (DTW) family of distances by considering the same set of elementary operations, namely substitutions and repetitions of tokens, to map a sequence onto another. Associating to each of these operations a given score, DTW algorithms use dynamic programming techniques to compute an optimal sequence of operations with high overall score. In this paper we consider instead the score spanned by all possible alignments, take a smoothed version of their maximum and derive a kernel out of this formulation. We prove that this kernel is positive definite under favorable conditions and show how it can be tuned effectively for practical applications as we report encouraging results on a speech recognition task.
updated: Fri Oct 06 2006 04:45:32 GMT+0000 (UTC)
published: Fri Oct 06 2006 04:45:32 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト