arXiv reaDer
表面上のベイジアン反射
A Bayesian Reflection on Surfaces
 この論文のトピックは、新しいベイズ連続基底フィールド表現および推論フレームワークです。この論文では、いくつかの問題が解決されています。連続基底フィールドの最大限に有益な推論。つまり、フィールドの基礎自体が連続オブジェクトであり、有限な方法で表現できない場合。学習情報に関する表現の正確さと、ビット単位のメモリまたはストレージ容量とのトレードオフ。推定されるオブジェクトに関する最大量の情報が保持されるように、確率分布を近似します。マルチグリッド手法の情報理論的正当化。最大の情報を提供するフィールド推論フレームワークは、完全な一般性で説明され、一般化カルマンフィルターと呼ばれます。 Generalized Kalman Filterを使用すると、あらゆる規模の以前の知識と新しいデータから、他のあらゆる規模の新しい知識にフィールド知識を更新できます。アプリケーション例のインスタンス、測定からの連続した表面の推論(たとえば、カメラ画像データ)が提示されます。
The topic of this paper is a novel Bayesian continuous-basis field representation and inference framework. Within this paper several problems are solved: The maximally informative inference of continuous-basis fields, that is where the basis for the field is itself a continuous object and not representable in a finite manner; the tradeoff between accuracy of representation in terms of information learned, and memory or storage capacity in bits; the approximation of probability distributions so that a maximal amount of information about the object being inferred is preserved; an information theoretic justification for multigrid methodology. The maximally informative field inference framework is described in full generality and denoted the Generalized Kalman Filter. The Generalized Kalman Filter allows the update of field knowledge from previous knowledge at any scale, and new data, to new knowledge at any other scale. An application example instance, the inference of continuous surfaces from measurements (for example, camera image data), is presented.
updated: Fri May 26 2000 20:24:48 GMT+0000 (UTC)
published: Fri May 26 2000 20:24:48 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト